外務省後援 第2回「子ども世界平和サミット」を開催致しました

2021年8月10日、感染防止対策を徹底し、
子ども世界平和サミットを開催させていただきました。
皆様の日頃のお力添えに本当に感謝申し上げます。

今回の子ども世界平和サミットでは、
参加総数11か国202名の子ども達の中から選ばれた子ども代表15名が、平和を創るアイデアを発表致しました。

フランス、チュニジア、タンザニア、ブラジル、コンゴ民主共和国など、
5か国を代表する大使や総領事にもお越しいただき、
世界を代表する大人たちが見守る中、
下記の3名がMost peaceful賞を受賞されました。

●崎浜空音さん(18歳)
世界中の国で協力し、ひとつの歴史教科書を作ることで、ゆがふを実現させる

●久松仁美さん(16歳)
すべての人が平等な教育を受けられるように教育プラットフォームをつくる

●東條ほのあさん(11歳)
国旗刺しゅうリレーでみんな仲良く

子ども達が将来、国際社会で世界平和に貢献する姿が目に浮かびました。

子ども世界平和サミットは、
2025年大阪・関西万博のTEAM EXPOの共創チャレンジに正式登録しており、
世界100カ国1億人の子ども達と子ども世界平和サミットを開催し、世界平和実現を目指しております。

「ピースピースプロジェクト」の名前とロゴには、
「ひとりひとりの小さな愛のかけら(Piece)が集まれば、
大きな平和(Peace) を創りだすことができる」という意味を込めています。

是非、「ピースサポーター」となっていただき、
ご一緒に平和を創る子ども達を育て、世界平和を実現して参れましたら光栄です。

関連記事一覧